40代からの分かり易い雇用保険のやり方

40代からの分かり易い雇用保険のやり方

雇用保険の被保険者とはどんな人?

PR
 



雇用保険の被保険者というのは
種類がありますが、最初に雇用保険に関して軽く説明をしておきます。

雇用保険とは、雇用された人が失業をして
再就職をするまでの生活に影響が出ないように支援をしていく制度を言います。



雇用保険とは、国が行っている保健事業のことを言いますが
積極的に再就職を仕様としている意思を持っている人に限り
雇用保険の制度を受けることが可能となっています。





再就職を希望していないと判断した場合は
雇用保険の給付される権限はなくなり
最悪の場合は罰則金を支払わないといけなくなります。



雇用保険の保険料というのは個人経営の従業員4人以上の会社の場合は強制的に
雇用保険に加入しないといけません。

雇用保険の適用をしている会社で働いている場合は
保険料を支払わないといけません。



雇用保険の保険料というのは会社と
雇用されている人が支払いますが
保険料率の賃金の「1000分の1」は経営者と
雇用されている人が負担をしていきます。


被保険者にはこのような種類があります。



一般被保険者

高年齢継続被保険者

短期雇用特例被保険者

日雇労働被保険者



以上4つの種類の被保険者があるのですが
一つ一つ解説位していきたいと思います。


一般保険者


一般保険者は、週に30時間以上働いている人が対象で
そのうち20時間以上の場合は1年間に月14日以上労働していた月が
半年以上働いている場合を一般保険者といいます。


高年齢継続被保険者


高年齢継続被保険者は、65歳以上の人で
雇用保険給付金を貰う時点で65歳以上になっている人が対象となります


しかし、週に労働時間が30時間以上の人は
高年齢継続被保険者にはならないようです。


短期雇用特例被保険者


短期雇用特例被保険者は、季節的な雇用をしている人であり
数ヶ月間程度の労働をしている人を言います。


日雇労働被保険者


日雇労働被保険者は、30日以内の
期間だけ雇用された人を言います。


離職した月の前の月・・・19日働いた

離職した月の前々の月・・・18日働いた


上記のケースの場合は
日雇労働被保険者にはならないので注意が必要です。


PR