40代からの分かり易い雇用保険のやり方

40代からの分かり易い雇用保険のやり方

雇用保険被保険者証は発行はいつなのか?

PR
 



「雇用保険被保険者証」は、雇用保険に加入をした時に
資格取得確認通知書と一緒にハローワークから会社に交付されます。

また、再交付の処理を防止するために
従業員が退職をするまで会社が預かる書類を言います。







退職をした時に従業員に
「雇用保険被保険者証」を渡される書類です。


「雇用保険被保険者証」は労働者ののもなので
退職をした場合は郵送などで送ってもらうと良いですね。

「雇用保険被保険者証」は、雇用保険の申請に必要なので
必ず会社からもらうようにしましょう。



「雇用保険被保険者証」は国から
雇用保険の支給を開始できるための書類なので
「雇用保険被保険者証」がない場合は雇用保険の受給は開始できません。


「雇用保険被保険者証」は会社が変わって
新しい番号になったとしても古い番号を伝えることによって
継続手続きをすることが可能です。



「雇用保険被保険者証」は会社に勤務して雇用を受けた時点で
会社が保管をしていることが原則で、労働者が何らかの事情で
会社を退職した時に、会社は離職票とともに労働者に渡さないといけません。

「雇用保険被保険者証」の効果は
退職から7年で記録が消えます。


例えば、結婚などや出産などで
会社を退職した場合は、子育てから離れてから
再就職をする場合に、新しい番号で発行するようになっています。

PR