40代からの分かり易い雇用保険のやり方

40代からの分かり易い雇用保険のやり方

自己都合と会社都合での雇用保険給付の違い

PR
 


会社を自己都合で退職した場合と
自己都合で退職した場合とでは
給付金を受給できる日数が大きく異なります。


退職理由が会社都合(特定受給資格者)の場合と
自己都合(一般離職者)との場合は所定給付金数などや
雇用保険の申請をしてから受給されるまでの期間が大きく違いが出てきます。


図1の画像を参考に見ていただければ
会社都合の所定給付金日数が理解できるのではないでしょうか。





会社都合の場合と自己都合の場合とでは
図1と図2を比較すれば、自己都合の図2の方が
圧倒的に少ないというのが理解できます。



例えば、自己都合で退職をしている
当管理人の場合を当てはめると「35歳以上45歳未満」で
1年間雇用されていたので90日しか受給されないということになります。

これが、2年以上雇用されていた場合は
180日間給付金を受け取ることが出来るということになります。





書類などの堤出や求職申請を同日に
ハローワークで行っていた場合であっても
自己都合の場合は給付金制限期間が3ヶ月あって
基本手当の受給される日も長くなります。


しかし、以下の様な方は自己都合でも
給付金が早くもらえます。


働く意思があるけど心身の障害で働くことが出来ない

親族の介護をしなくてはいけない

別居生活を続けることが困難になった場合

結婚をしたから通勤が困難になった

職場の移転により通勤が困難になった

転勤による別居を避けるため退職



以上の条件の方は、自己都合であっても
早く給付金を受給することが可能なことがあります。


上記以外の自己都合で退職をした場合
会社都合と比較しても受給までの日数が長いですね。


PR