40代からの分かり易い雇用保険のやり方

40代からの分かり易い雇用保険のやり方

高年齢雇用継続給付金の支給期間と手続き

PR
 

高年齢雇用継続給付金は「高年齢雇用継続基本給付金」と
基本手当を受給していて60歳以後で再就職をした人に支払われる
高年齢再就職給付金」に分けられています。


雇用保険の被保険者だった期間が
5年以上の60歳以上65歳未満の一般被保険者が
原則、60歳以降の賃金が75%未満に低下した状態で
雇用され続けた場合に支給されます。


高年齢雇用継続給付の支給額は60歳以上65歳未満で
各月の賃金が61%に低下している場合は各月の賃金の
15%相当の額になり60歳の時点で賃金が61%~75%の場合は
その低下率に応じて、各月の賃金の15%相当額未満の額になります。


また、各月の賃金が340,761円を超える場合などは
支給はされませんが、この額は毎年8月に変更されます。


高年齢雇用継続基本給付金の支給期間ですが
被保険者が60歳になった時点から65歳になった月までが
給付金の支給対象となります。




しかし、60歳になった時点で雇用保険に加入をしていたのが
5年も満たない時は、雇用保険に加入をしていた期間5年になった月から
給付金の支給対象期間になります。



高年齢再就職給付金は60歳以後に就職をした月から
1年~2年を経過する月までになります。

支給申請手続きはハローワークで行なうことが出来ます。





高年齢雇用継続給付の支給を受けるには
2ヶ月に1度支給申請書を提出する必要があり
初回の支給申請を除き、指定されている支給申請月中に申請を行う必要があります。


PR